『自分を操る超集中力』内容をレビュー|1年を13カ月にしたい人におすすめ

レビュー

社会人の平均読書量は月3冊だそうです。そんな数字を知ったあとに「1日20冊本を読む」と聞いたら、あなたは何を思いますか?

私は…「いやいやいや!無理っしょ?!本の内容が頭に入るかーい!」でした笑。

著者のDaiGoさんは集中力をコントロールして1日20冊読書をするそうです。これは単純計算で200倍の生産性とか。

生産性を上げることができれば、もっと楽に仕事をすすめられたり、疲れが減って、楽しい時間や自己投資に時間を使えますよね!

生産性を高める啓発本はたくさん発売されていますが、本書はDaiGoさんが書いたなかでも40万部と一番売れている本で、自分の心を操る「行動と集中力の絶対法則」を初めて明らかにした一冊となっています。

では『自分を操る超集中力』の内容をどうぞ。

自分を操る超集中力

新品価格
¥1,150から
(2020/12/21 12:58時点)

たまき
たまき

ちなみに私は「Amazon prime leading」で無料で読みました。

話題の書籍や雑誌も対象であれば無料で読めたり、映画化やドラマ化されていれば無料で見られるかもしれない、QOLが爆上がるコスパ最強のAmazon primeでの読書もおすすめです。

『自分を操る超集中力』内容をレビュー|1年を13カ月にしたい人におすすめ

『自分を操る超集中力』口コミ

まずは否定的な他の人のレビューをみてみましょう。

Amazonより

Amazonより  ※「ウィルパワー」=集中力

私も一読して参考文献の表記がないことに疑問を抱きましたが、本書のコアは著者のDaiGoさんの実体験を踏まえた方法の紹介でなので、それほど問題ではないのかもしれません。

それに、著者もまえがきでも述べられていますが、脳科学については、すでに優秀な研究結果が出ているため、DaiGoさんにとっては脳科学の書物を読み、参考文献を書くまでもないくらい頭に入ってすでに習慣化されているのではと推測できました。

参考文献があった方が読み手に説得力が与えられますが、何でも鵜呑みもよくありませんし、直感が働いたらまず動いてみることです。自分に合う、合わないは自分しか判断できませんからね。

続いて肯定的な口コミです。

Amazonより

Twitterでは、

Twitterより


Twitterより


Twitterより

たまき
たまき

「役に立った」「実践する」などという方は多数いらっしゃって、私もその一人ですが、主には「生産性を上げるための取捨選択」のヒントになったということだと思います。

1日24時間という誰にでも平等な時間を集中力でコントロールできるようになれば、限られた時間内でできることに圧倒的な「差」が生まれ、短時間でも質の高いパフォーマンスが行えるようになるのです。

著者のプロフィール

著者をご紹介します。

メンタリストDaiGo

人の心を読み、操る技術“メンタリズム”を駆使する日本唯一のメンタリスト。テレビ番組への出演多数。外資系企業の研修やコンサル、遺伝子解析企業の顧問、大学特任教授なども務めている。著書は著者累計100万部を超える。

他の著書

人を操る禁断の文章術

新品価格
¥1,386から
(2020/12/21 13:56時点)

一瞬でYESを引き出す 心理戦略。

新品価格
¥1,416から
(2020/12/21 13:56時点)

たまき
たまき

メンタリストとして人を操る著書が多いなか、本書は著者が自身を操る初の行動本でした。(そりゃ売れるわ)

『自分を操る超集中力』内容

著者のDaiGoさん自身も実は幼少期は注意力散漫で、身に回りにあるすべてのものに注意力を奪われ、何も集中できない状況から、現在は1日20冊も本を読める集中力が身についたこと、

そして集中力は性質や才能ではなくトレーニングで強化できること、集中力を身につけるための方法が細かく本書にまとめられています。

・集中力を高めるための3つのルール
・高い集中力を生み出す7つのエンジン
・疲れをリセットする3つの回復法
・集中力を自動でつくり出す5つの時間術

(目次より)

一番印象に残った箇所

一旦、集中力をコントロールする術を身につけると、疲れていても集中が持続するようになります。前頭葉の疲れる度合が劇的に減り、集中力を発揮できる時間が延びていきます。

習慣化された行動については集中せずとも自動的に処理できるため、周囲からは、疲れていても集中できる人のように見えるのです。

『自分を操る超集中力』より

たまき
たまき

「行動が変われば習慣が変わる、習慣が変われば価値観が変わる、価値観が変われば人生が変わる」。いわずもがなの有名な言葉が脳科学によって裏付けられました。

『自分を操る超集中力』テーマ

本書で紹介されている集中力コントロール法を「実践」し「習慣化」してしまえば仕事や勉強が圧縮でき、短時間で成果を上げられるようになり、余った時間でプライベートも充実していきます。

脳は体の司令塔ですから、脳を鍛え、精神や体をコントロールすれば、身に付けた集中力は一生モノ、人生の密度が何倍にも高まるのです。

また、本書には

大切なのは1つの行動にフォーカスし、1つずつ着実に習慣化していくこと。すると究極の集中力が手に入ります。

『自分を操る超集中力』より

とも書かれており、いきなりすべてを実践しなくてもよいこと、できることろから一つずつはじめることを推奨していますから、取り掛かるハードルはグンと下がっています。

本書をおすすめする人

もう集中力をコントロールできている、行動する気がないという方には不要ですが、時間術や生産性を劇的に上げ、1年を13カ月にしたい人には本書はかなりのヒントになると思います。

特に下記の人に刺さる内容だと思います。

・効率をよく動きたい子育て中のワ―ママ

・個人事業主

・試験勉強中の学生

・判断の連発で疲れている人

まとめ

集中力は後天的なものでコントロールできるようになると同じ時間で処理できる「量」が格段に上がります。

まず行動して習慣化していくうちに人生がより豊かになるとよいですね。

楽天・Yahoo!ショッピングを利用の方には、経由するだけでもう1%ポイント、+2000ポイントが貯まるモッピーがおすすめです。

いつものショッピングでポイントがダブルで貯まる!ポイ活ならモッピー

コメント

タイトルとURLをコピーしました