「ギャンブル依存症とは何か?」家族が読みやすい本3選

レビュー

夫のギャンブル借金が発覚し、夫婦・家族としての在り方を模索中に苦戦したのは、依存症の関する情報を集めでした。

 

2013年頃で、やっと見つけた本には「脳がなんちゃら」とか、「ギャンブルをやめられない」とか、家族ではなく本人にしかわかりえない状態がつらつら書かれているものばかりだったように記憶しています。

 

 

 

しかしとても参考になった本もいくつかありました。

夫が依存症から回復していく様子を見ながら「あの本に書かれていたことは本当だった…」と実感できたり、ブログを書くうえで参考文献になった本でもあります。

 

 

今回は3冊をご紹介したいと思います。

(基本として「脳がなんちゃら」などは書かれているのですが汗、それでも本人でなくても理解しやすい本だと思います)

 

 

 

「ギャンブル依存症とは何か?」家族が読みやすい本3選

【1】

『私、パチンコ中毒から復帰しました! ギャンブル地獄から完璧に抜け出す方法』 本田白寿(中公新書ラクレ・2013年)

「独学」で回復したという著者のプロフィールに惹かれ、夫が自分で見つけてきた1冊になります。

 

趣味の域にとどまらずパチンコにはまり、仕事をさぼって借金を重ね、子どもがいるなかで離婚に至ったという著者。

 

 

それが、一体全体どうしてやめられたのかーー。

 

 

本には、依存症当事者とその家族・恋人に向けて、「今すぐパチンコをやめるための具体的な方法」が書かれていました。

 

当事者のみならず、当事者以上に辛い思いをしている家族・恋人は絶対に無視できないと、私たちに向けたメッセージでもあったのです。

 

 

 

パチンコや借金を批判するのではなく、自分の心を徹底的に見つめて、本来の自分を取り戻すこと。

これこそが当事者も家族も恋人も救われる唯一無二の方法です。

 

 

・専門の精神病院に入院・通院する
・GA(自助グループ)に参加する
・家族にサポートしてもらう

「以外」の方法が「具体的に」紹介されています。

 

私、パチンコ中毒から復帰しました (中公新書ラクレ)

新品価格
¥814から
(2021/4/28 11:15時点)

 

 

 

 

【2】

『ギャンブル依存症』 田中紀子(角川新書・2015年)

こちらはギャンブル依存症業界(?)の第一人者で「(一社)ギャンブル依存症問題を考える会」の代表理事を務められている中田紀子さんが書かれた1冊になります。

 

 

こちらの本にはパチンコ依存症になってしまう要因や依存症の概要、社会問題、家族への影響などが細かく書かれています。

 

 

著者本人もギャンブル依存症であり、依存症家族でもある立場からの意見はするどく、夫にも突き刺さったようで、初めて依存症関連本を読んだ感想文も書きました。

 

 

そして夫は「パチンコがない国で生活したら…」と海外勤務を目標に仕事にかなり打ち込むようになりました。

 

わが家にとっては、すべてが好転しだした、きっかけになった本ともいえます。

 

幅広い知識をもって多岐にわたって解説されてあるので、マニュアル本的な存在の、勉強になる本ではないかと思います。

 

ギャンブル依存症 (角川新書)

新品価格
¥880から
(2021/4/28 11:19時点)

 

 

 

 

 

【3】

『生き直す 私は一人ではない』 高知東生(青志社・2020年)

逮捕時や釈放時にはメディアに大きく取り上げられていましたね。最近はまたTwitterドラマや依存症関連のイベントで、いい表情を見せてくれるようになった、高知東生さんの本です。

 

こちらには、依存症当事者としての棚卸しも兼ねた高知さんの自叙伝的な内容になっており、壮絶な生い立ちから、薬物に染まり逮捕されたあとの依存症の回復経路までがストレートで読みやすくつづられています。

 

夫も「言葉がスッと入ってきて読みやすい」と太鼓判の一冊でした。

 

自分の弱さに向き合うことこそ、強く優しくなれること。

依存対象の違いはあれど根っこでは同じなこと。

タイトルさながら「生き直す」ヒントが満載で、依存症関係者でなくても一読の価値のある本だと思います。

 

生き直す 私は一人ではない

新品価格
¥1,540から
(2021/5/11 11:04時点)

 

 

 

まとめ

各本の特徴を復習してみましょう。

 

【1】『私、パチンコ中毒から復帰しました! ギャンブル地獄から完璧に抜け出す方法』

依存症当事者とその家族・恋人に向けて、パチンコをやめるための方法が具体的に書かれた本。

 

【2】『ギャンブル依存症

パチンコ依存症の概要や要因、社会問題、家族をとりまく影響などが、するどく視点で書かれた本。

 

【3】『生き直す 私は一人ではない』

依存症当事者の棚卸しを兼ねた自叙伝的本。読みやすく、生き直すヒント満載。本のレビューはこちらから>>>

 

 

いかがでしたでしょうか?

家族(当事者)や依存症という病気を理解したいと思う方向けに読みやすい本を3つご紹介しました。

 

依存症当事者と家族でいるためには、家族側も知識を付けた方が断然生きやすくなります。あなたの幸せを守るためにも、思い立ったら手にとってみてください。

 

 

本はAmazonにてご紹介しましたが、楽天やYahoo!ショッピングをご贔屓の方は、モッピー経由だともう1%ポイントが上乗せされます。モッピーは800万人が登録しているポイントサイトで、登録無料、登録後利用すれば2000ポイントもらえてお得です。ぜひどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました