任意整理しない方がいい・できない・した方がいいケースとは?

依存症

任意整理するとどんなデメリットがあるの? 費用もかかるし、バレるかも…任意整理しない方がいいんじゃない?

 

 

法律相談は誰だってガチガチに緊張するものだと思います。だからといって素人判断でパッと「任意整理しない方がいい」と決めつけるのは実にもったいない話です。

 

 

任意整理は借金が減額でき生活に余裕がもてるようになる手段ですから、現状が厳しい方は一度専門家に相談してからの判断をおすすめします。

 

それでもハードルが高いと感じる方向けに、わが家の経験から見えた任意整理をしない方がいいケース、した方がいいケース、できないケース、おすすめ相談先などをまとめました。

 

 

 

 

まずは私の自己紹介を少し。

 

私は2児の母で個人事業主として在宅で仕事をしています。今でこそ夫と協力しながら家事・育児に奮闘中ですが、6年前にワンオペ中の私に、夫は突如金500万円を自白してきました。

 

食費2万円しかよこさないで自分はパチンコ三昧で借金かよ、と率直な感想は「ぶっ〇ろしてやる」でした笑。

 

わが家は生活が破綻寸前だったため、借金相談をするのに抵抗があるとか言っている場合ではありませんでした。

 

鬼滅の刃さながらの家庭内パワハラ会議をくり広げ、ガツンと夫に任意整理させ、今は2社完済、残り1社で離婚せず平和に暮らしています。

 

ここまでの道のりにターニングポイントはいくつかありましたが、そのうちの一つは間違いなく「任意整理」でした。

 

では、少しずつどうぞ。

 

 

 

 

 

任意整理しない方がいい・できない・した方がいいケースとは?

任意整理とは?

任意整理は、裁判所を通さずに依頼された法律家が金融業者と直接返済額や利子の見直しを話し合って解決する手続きです。

 

 

 

利息をカットし元金のみ(目安)を3~5年かけて返済する方法なので、

・収入が安定している人

・手取り収入から生活費を引き返済できそうな人

のみが利用できます。

 

 

よって任意整理ができないケースは以下となります。

 

 

 

 

任意整理ができないケース‌

・返済していない
・滞納が多い
・業者が担保を押さえている
・保証人がいる(保証人に支払い義務があるので)
・差し押えられている
・生活保護を受けている
・借金の金利が低い(例:奨学金)など

 

 

これらに当てはまる人は、個人再生や自己破産に切り替えて解決策を模索したほうが良いかと思います。

 

 

 

 

 

 

任意整理のデメリット

では、任意整理のデメリットとは何があるでしょうか? それは…「信用情報(ブラックリスト)に載る」ことです。

 

 

完済から 5 年程度信用情報に債務整理手続きをした事実が載り、新しく借入ができなくなります。具体的にはローンを組んだり、クレジットカードが作れません。

 

 

たまき
たまき

夫の場合、これらのローンを組めない、クレカが作れないというデメリットは「ギャンブルできなくなる」と逆手に捉えたので、むしろウエルカムでした。

 

 

 

 

 

 

Twitterでも同様のツイが見られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

信用情報(ブラックリスト)に載る、家族的な影響

信用情報(ブラックリスト)に載ることで、家族にはどのような影響が出るのでしょうか?

 

 

あくまで個人の取引の事実として信用情報に残るもので、基本的に家族には影響はありません

 

 

 

家族がクレジットカードを申し込む場合やローンを組む場合には審査が厳しい場合もあるようですが、私は問題なく作れましたし、今のところ悪影響と感じたことはありません。

 

 

 

 

 

 

 

任意整理をしない方がいいケース

任意整理をしない方がいいケースは、住宅ローンを検討している場合です。

 

 

借金が完済するまで住宅問題は賃貸で凌ぐか、任意整理して「不動産担保ローン」や「リースバック」という方法なら、住宅ローンを組むことも可能かもしれません。

 

 

 

※プロミスー三井住友銀行など、グループ企業であれば任意整理完済後でもローンが通りにくいかも。
※賃貸契約は大丈夫ですが、信販系の保証会社であれば信用情報を確認できるので任意整理していれば審査が通らないことも。

 

 

 

 

 

 

 

任意整理のメリット

・裁判所を通さないのでスピード解決(目安3カ月程度で和解)
・まわりの人に借金を知られない
・委任した日から催促がストップ
・和解するまでの期間は一時的に返済ストップ
・和解すれば借金減額で生活苦から脱却

 

 

費用が心配な人も実はそんなに心配ありません。

和解するまでの約3カ月に今まで返済していた分を分割して費用に充てられます。

 

 

 

 

 

 

 

任意整理をした方がいいケース

わが家のようにギャンブルで作った借金は任意整理こそおすすめです。

 

 

 

費用がもったいないとお考えの方も多いと思いますが、ご自身やご両親が一時肩代わりして、本人に分割で返済してもらう家庭内債務整理は

 

 

・本人が問題の大きさに気付きにくい
・再発防止

 

 

2点の観点からも、本人が自分で返済する任意整理をした方が無難です。

 

 

 

 

多くの場合、「任意整理」という言葉を調べる=任意整理した方がいいケース(借金に圧迫され生活が苦しい)だと思いますので、知識をつける意味でも一度専門家に相談に行った方が選択肢が広がるのではないかと思います。

 

 

 

 

   

 

 

 

任意整理してよかったケース

相談はドキドキだと思いますが、ギャンブル依存者ならほとんどが多重債務になっているので、任意整理してよかった、楽になったとの声が断然多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多重債務の依存症ご本人は疑い深く、「返済はギャンブルでガツンと勝ったときにしか返せない」と本気で考えていますから、法律事務所へのアポ取りは家族が行った方がスムーズかもしれません。

 

家族の借金問題がちゃんと解決できれば、あなたの泣いて腫れた目も、不安で眠れなかったクマもすっきりし、皆が精神的にもぐーんと楽になります。

 

 

たまき
たまき

借金はサクッと解決させ、本来の笑顔の多い生活を取り戻すこと(依存症治療)に時間を使いましょう! 上にも書かれていましたが「早く行けばよかった」なのです。

 

 

 

 

 

 

相談先の法律事務所を選び方

一度だけ相談に行ってみよう…しかし、経験者のコメントを参考にしてみるとどこの法律事務所でもいいわけではありません。

 

 

 

 

 

任意整理の和解交渉は応じても、返済期間が5年ではダメ、利息は一部しかカットしないなど、特に経営状態によっては条件が厳しい金融業者もあります。

 

 

 

 

債務整理経験者には〇ビットさんが厳しいことは有名です。

 

 

 

 

 

こうして見ると、債務整理の経験が豊富で交渉ラインぎりぎりを熟知している得意型の事務所に相談した方が、あなたの希望が通りやすくなるのです。

 

 

「安い」だけに注目すれば「法テラス」が有名ですが、利用条件や審査があったりで時間が結構かかりますし、何より担当の弁護士さんは債務整理に通じてはいないかもしれません。

 

 

費用面ばかりを重視した結果、思ったよりも借金が減額できなかった…では、任意整理のメリットを感じにくくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

本気でおすすめする法律事務所5選

夫婦でリサーチした内容でもあり、何社か相談してから、任意整理をする・しないの判断するならどこにするかを決める材料になればこんなにうれしいことはありません。

 

借金問題を本気でおすすめできる法律事務所を5社、大手や有名事務所と比較してまとめました。

 

 

 

 

 

おすすめの事務所は料金に「~」がまったくありません。料金形体がシンプルです。

 

 

「10,000円~」と表示のある法律事務所を利用した人の書き込みなどでは「30,000円以上した」などとあることもあり、非常にわかりにくいものです。明瞭会計の方がより安心ですね。

 

 

たまき
たまき

料金に「~」がない、低費用の事務所を中心に3~5社相談して、ピーンときた事務所にすれば後悔はないと思います。利子は日々積もりますから早めに動いて家計を守りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの事務所を一つずつみていきす。

 

 

【1】イストワール法律事務所
債務整理専門の事務所。最後に相談に行くという方も多くいるようです。

>>後悔しない任意整理するなら、イストワール法律事務所

 

 

 

【2】泉総合法務事務所
債務整理の得意型の法律事務所、務所内で研究会を随時開催などサクサクとこなす職人タイプ。

>>>泉総合法務事務所の詳細はこちらから

 

 

 

【3】杉山事務所
過払い金請求の実績総額で日本一、金融業者がゲンナリと嫌がる事務所で、債務整理専任者が在籍。

>>>借金のお悩み。解決の糸口はここにあります【杉山事務所】

 

 

 

【4】新大阪法務司法書士事務所  【5】黒川事務所
業界最安値クラス! 1社140万円以下の人には相性がよければ特におすすめです。

>>>新大阪法務司法書士事務所の詳細はこちらから

>>>黒川事務所の詳細はこちらから

 

 

 

 

相談前の準備

相談前には借入先の社名(依頼を受けた事務所が情報開示請求をするので金額や取引日などは分かる程度でOK)と1カ月の収支をわかるようにしておきましょう。話がスムーズです。

 

人生詰んだと思っても挽回のチャンスや方法は探せばあります。

 

諦めずに模索しましょう(でも体調が一番です、無理はしないでくださいね)。

 

あなたの生活が少しでも楽になりますように。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました